アルバイト先を決める際には、出来る限り多くのサイトや情報誌を見て、求人情報を集めましょう。「求人サイトなんて、どこも同じ情報が載っているのでは?」と考えている人もいるかもしれませんが、サイトによって更新頻度、独自の情報ルートなどが違い、掲載される求人内容も全く同じではありません。

例えば同じチェーン店の求人でも、各店舗の店長に求人条件の采配が任されているところもあれば、全国一律で条件が固定されているところもあります。アルバイトに社員への昇格試験を受けるよう勧めてくるところ、そのようなチャンスがそもそもないところなどの違いもあるかもしれません。もし、出来る限り長く働きたい、また、社員になって本格的に仕事をしたいと希望しているのであれば、ぜひ前者のような条件がある職場に応募すべきでしょう。

また、アルバイト先を決める時は、出来る限り疑問や不明な部分を解消してから応募するのをお勧めします。面接を受けるより前に、求人の内容が正しい情報であるか、給料の支払い方法や支給日、勤務形態など、些細なことでも気になることがあればしっかり確認し、納得できてから応募しましょう。そうして実際アルバイトの志望先で面接を受けた際、事前に聞いていた条件や求人内容と異なることを言われたとなれば、なぜ変わったのかをきちんと確認すべきです。それらに明確な返答がない、従業員に対して業務内容や給与について適切な説明ができない企業は、いわゆる「ブラック企業」である可能性が高いです。その場合は、さっさと別のアルバイト先を探した方が建設的です。

初めてのアルバイトをするとなると、不安も多いかもしれませんが、まずは求人内容をしっかりと比較し、気になる点を確認することで本来負うべきではないリスクや負担の可能性を減らすことはできます。自分の時間や能力を使って対価を得る、大切な仕事を選ぶためには事前のリサーチが欠かせないのだと心にとめておきましょう。